忍者ブログ

進化する自分 好き

最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」



最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」


ケイトリン先生からの挨拶
DVDの使い方
発音する時のポイント
語尾を伸ばす
アルファベット
あなたは「アルファベットくらい知っているよ、
何でいまさらアルファベットの練習をしないといけないの?」と思われるかもしれません。

しかし、カタカナ発音を矯正するためには、
基礎となるアルファベットから発音矯正をしていく必要があります。

アルファベットの「基本」と「ゆっくりハッキリ」では、
ケイトリン先生の口の動きをそっくり真似して何度も発音練習をしましょう。
アルファベット 図 図
その際、ケイトリン先生が、
1)唇をどのように動かしているか
2)口をどれくらい開けているか
3)どれくらい歯を見せているか

といった細かいところまで注意して見て、そっくり真似して下さい。
1つひとつのアルファベットを上手に真似して発音するには、
「ゆっくりハッキリ」のお手本を真似して練習をしましょう。

語尾を伸ばした発音練習は、母音が短い日本語を話す日本人にとって極めて効果的です。
日本語英語の特徴は、母音がとても短いことです。

逆に、英語の母音は、日本語の母音より音を長く発音します。
語尾を伸ばした発音練習は、スコットペリー先生の発音メソッドにもあります。
母音が短い日本語を話す日本人の、英語の母音の発音を直すのに効果的です。

「語尾を伸ばす」の練習も、ケイトリン先生がアルファベットの語尾を伸ばして
発音するお手本をそっくり真似して、練習しましょう。
アルファベット
アルファベット
ここでは、母音の発音記号を学習します。
※発音記号とは、言語の発音を体系的に、
そして忠実に表記する場合のために作り出された人工的記号のことを言います。
この教材では、



以上、16 個の母音を学習します。

発音記号を知っていると、
辞書で単語を調べた時に、音声を聞かなくても、その単語の発音方法がわかります。

英語発音をマスターしたいなら、
まずは発音記号を学習しておくことが何よりも英語上達の近道になります。

まずは、勉強したい母音の発音方法を、「口の中のCG映像」で確認します。
口の中の動きを確認するためのCG映像には、
発音矯正の第一人者スコット先生が独自に開発した
「Scott Perry Tongue Position」メソッドを使用しています。

口の中のCG映像Scott Perry Tongue Position では、
口の中に番号がふられていて、舌先をどの位置につけて発音すればいいのか一目でわかります。

舌をどのように動かすのか、そして口をどれくらい開けるのか確認します。
口の中のCG映像の後は、ケイトリン先生が、前(正面)からと、横(横顔)から、
それぞれ5回ずつ、母音を発音するところを見ることができます。

ケイトリン先生が、どのくらい口を開けているか、
どれくらい歯を見せているか、どのように唇を動かしているかなど、
細かいところまで観察しましょう。

そして、ケイトリン先生の発音を聞いた後はポーズボタンを押して自分でも発音してみましょう。
アルファベット 図 図
次に、ケイトリン先生が、その母音を含んだ単語を 8 語~10 語、発音します。

習った母音を意識しながらお手本の真似をして、単語を発音してみましょう。
最後に、その母音を含んだ単語が入っている英文を3つ、ケイトリン先生が話します。

イントネーションやリズム、ストレス(強調する部分)など、
ケイトリン先生のお手本をそっくり真似して発音しましょう。

単語単位で、ネイティブの口のアップをうつしている教材はありますが、
英文単位でネイティブの口のアップを見せている教材はありません。
まさに発音の勉強をしていた時に、私が欲しかった映像です。
アルファベット 図 アルファベット
子音は、
アルファベット

以上、24 個の子音を学習します。

のように、発音方法は全く同じですが、
前者は、息だけを出して発音する子音(無声音)、
後者は声を出して発音する子音(有声音)の8つのペアがあります。

このように、8 つのペアで覚えてしまうと、効率よく16 個の子音を習得できます。
無声音か有声音かを区別するには、子音を発音する際に、手を喉に当てるとわかります。

無声音の場合、手を喉にあてても何も感じませんが、有声音の場合、振動を感じます。
よく、「 L 」や「 R 」の発音が苦手という声を聞きますが、
基礎であり重要な子音の「s」の音を習得してしまうと、案外、簡単に他の子音も習得できます。

よって、子音で壁にぶつかったら、
力強くお腹から息を鋭く出して発音する「s」の音を出せるようにトレーニングをして下さい。

「s」は、「スー」とお腹から息を力強く出して発音します。
子音をマスターするには、
この「s」の音をしっかり発音できるようになることが「キー」となります。
アルファベット 図 アルファベット
母音と同様、まずは口の中の動きを CG で確認し、
ケイトリン先生が正面と横から子音を発音する映像を5回ずつ見ることができます。
そして動きを把握した後、真似をして発音練習します。

次に、それぞれの単語を5 回発音し、
最後に3つの英文をイントネーションやリズム、
ストレス(強調する部分)といった細かい部分までそっくり真似をして発音練習します。
アルファベット アルファベット

DISC2 商品写真 リエゾン アルファベット
Disk2 では、まずリエゾンを学習します。
リエゾンとは、英語をナチュラルスピードで話した時に、
単語と単語がくっついて発音される現象のことです。

たとえば、Did you を単語一つずつで読むと、「ディデュユー」と発音しますが、
ナチュラルスピードで読むと「ディジュー」と単語と単語がくっついて発音されます。

ここでは、ネイティブスピーカーが普段の会話の中でよく使う、
全部で39 パターンのリエゾンの発音練習をします。

ケイトリン先生が、まずはゆっくりと単語を発音し、次にナチュラルスピードで発音します。
その後、リエゾンを使わずにゆっくりと英文を話し、
次にリエゾンを使ったナチュラルスピードで英文を話します。
アルファベット 図 図
ケイトリン先生が、ナチュラルスピードで英語を話す時に、
どのように単語と単語をつなげてリエゾンで発音しているか意識して聞いて下さい。

ナチュラルスピードで、
リエゾンを使って英語を話している時にはあまり舌の位置を考えない方がいいです。

舌の動きは考えずに音だけを真似するようにしましょう。
ただ、どれくらい上の歯を見せて話しているか注意して見て下さい。
アルファベット
自己紹介のスピーチ
ケイトリン先生の口元をしっかりと見ながら、スピーチを聞いてみましょう。

ここでは、スピーチの意味を理解することより、
どのように口元を動かして英語を話すかにフォーカスして見て下さい。
アルファベット
アメリカ式ボイストレーニングその1
ケイトリン先生は、女優やナレーターとして仕事をするために、
アメリカで本格的なボイストレーニングのレッスンを受けました。

現在はプロのナレーターや女優として活躍する傍ら、
ボイストレーニングのコーチもしています。

ここでは、ケイトリン先生が英語をクリアに話すために
必要な筋肉をつけるためのトレーニング法を解説します。

この教材で発音練習をすれば、発音を改善できますが、
ケイトリン先生が教えるボイストレーニングを実践することで、
更にネイティブスピーカーに近い発音力を手に入れることができます。
アルファベット
アメリカ式ボイストレーニングその2
実は、最初は、「アメリカ式ボイストレーニングその1」だけを、
この教材に収録する予定でした。

しかし、ケイトリン先生のボイストレーニング法が思いのほか、
素晴らしいノウハウだったので、
ケイトリン先生にお願いしてボイストレーニングのメニューを更に増やしました。

よりネイティブに近い発音をするためには、
英語を話すのに必要な筋肉をつけることが重要です。

一歩上の発音力を求める方は、「ボイストレーニングその1」と併用して、
「ボイストレーニングその2」も行って下さい。
アルファベット アルファベット

以上が、スコットペリー先生やケイトリン先生の協力を得て開発した、
「ネイティブスピーク」の内容となります。

とにかく最初はアルファベットと発音記号の音を完璧に自分のものにしてください。
それができるようになっただけでも、あなたの発音は見違えるものになるはずです。

少なくとも「Pardon?(なんていったの?)」と聞き返されることは、ほとんどなくなります。
あと母音や子音が正しく発音できるようになれば、
ネイティブとの言葉のやり取りや意思の疎通にはまず問題がなくなるでしょう。

次に本教材で学んでいただくのは「ネイティブらしく」話ができるようになることです。
そのための重要なことは、リエゾンとボイストレーニングを習得することです。

ネイティブっぽく話したり、ナチュラルスピードで話したいのであれば
リエゾンをマスターすることは、必要不可欠です。

また、綺麗な発音を要求されるプロのアナウンサーのような
英語を話せるようになるためには、ボイストレーニングも重要な要素になります。

ネイティブスピークのDVD2枚には、これらの重要なことのトレーニング方法が
極めてわかりやすく、初心者の方でも問題なくやっていただけるよう収録されています。

とにかく、あなたにやっていただくことは、
これらのDVDを真似して1日20分でトレーニングしていただくだけですので、
ぜひとも60日でネイティブの発音を身に付けてください。



>>>最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」











PR

無題



この教材はワーホリに行くあなたに贈る、ワーホリに行くあなたのための教材です。

日本を飛び立ちワーホリ生活を開始してから立ちはだかる英語の壁を
あなたが周りの日本人を横目にひょいひょいと飛び越えていくために作られました。

例えば、

・シェアハウスの探し方から内見の仕方
・ホームステイ先での会話
・銀行口座開設時の会話

など、普通の英会話教材では全くカバーされていない場面を
このワーホリ英語シミュレーターではカバーしています。

独学で学んでも効果が最大限得られるように
音声、動画、テキストの3種類で学ぶことが可能です。

そして、最大の特徴はワーホリで使う英語に特化しているということです。

まだ経験していないワーホリを日本にいながらあなたが経験できるように作りました。

>>> ワーホリ英語シミュレーター

バイリンガル英語講師養成3ヶ月集中講座(サポートなしプラン)

得意の英語を使って英語を教えたいけれど、子供が小さいし経験もないので とてもムリ・・・なんて最初から諦めていませんか? せっかくの才能を生かさないなんて、あまりにももったいないです!
実は、私自身も子供がとても小さくて、しかもドイツ在住なのに、自宅のパソコンで無料のスカイプ通信を使って、自分の空いた時間に日本の生徒さんに英語を教えているんですよ。
ひと昔前だったら考えられないことですが、高速のインターネット回線を生かせる今の時代はそれが可能なのです!
英語講師未経験なので教え方がわからない・・・という最初の関門も、このバイリンガル英語講師養成講座がみごとに解決してくれます。
なぜなら、この養成講座は単なる理論だけで終わる内容ではないからです。
そうではなく、バイリンガル英語講師として長い経験を持ち、今も現役で活動されているベテラン講師による実践的な講座なのです。
講座を受講し、修了すれば明日からでも現場に立てるように、講師、生徒さんが陥りやすい問題点などもきめ細かくカバーして作られたものだからです。
ひと口に「英語講師」といっても、英会話を教えるのとTOEIC対策を教えるのとでは、全く違うスキルが必要とされるのです。
このバイリンガル英語講師養成講座では、それぞれの用途に応じて、教えるときのポイントが的確に分かりやすく説明されています。
英語講師の経験がない方はもちろん、現役の講師の方にも、ご自分の弱い部分を勉強するのにこの養成講座は最適かと思います。
また、英語講師未経験の方にとって何より魅力なのは、バイリンガル英語講師養成講座を修了すれば、Jバイリンガルに講師として登録することができる点ではないでしょうか。
講師経験がなくても登録できる理由は、すなわち、3ヶ月~6ヶ月で修了するこの講座のプログラムが1年間の講師経験に匹敵するほど密度が濃いからですね!
そんな密度の濃い講師研修を、通信講座として自宅で受講できるのは本当にありがたいです!
英語講師になりたい未経験のあなた、バイリンガル英語講師養成講座で思い切って最初の1歩を踏み出して下さい。
英語講師の仕事はとてもやり甲斐がありますよ!!
あなたが講師養成講座を1日も早く受講され、3ヶ月後にJバイリンガル講師会員として私たちの仲間に加わってくださるのを首を長くしてお待ちしております。

>>> バイリンガル英語講師養成3ヶ月集中講座(サポートなしプラン)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R