忍者ブログ

進化する自分 好き

赤字店舗を立て直し1億円の利益を上げるまで!



特に、私がカリスマと呼ばれるようになったのは、重要1ブランドを任され直営アウトレット21店舗で「シーズン在庫を100%処分して1億円の利益」を出したからです。

任された当初は、自社の直営アウトレットで「在庫の山」を処分させることは簡単なことだと思っていました。

それはセール価格で破格な価格設定すれば処分できる自信があったからなのです。

しかし、上司からの指示は「シーズン在庫品を100%処分して最終的には利益をたたき出すこと!」でした。

考えてみてください、、、、、

プロパー店舗で売りやすい商品を市場で売ったあと、とりわけ企業では“売れ残り商品を最終100%処分させて利益を出す”ことは容易なことではないのですよ。

一般的にアパレル業界で言えば「シーズン遅れになったら死に筋の在庫商品」になると言われているのです。

私は、「シーズン在庫品を100%処分して最終的には利益をたたき出すこと!」を命じられたとき、どのように処分したらよいのか悩みながらアウトレット店舗の運営をしていたのです。  

いつも頭で考えながら、アウトレット店舗の店長やスタッフに価格と値引率を指導していました。

上司より指示されたことを実現させるため、あらゆる資料を作成して分析をするのですがアウトレット店舗で「利益」が生み出せず赤字続きでした。

私は在庫管理担当者として3年目も赤字を出してしまい、会社全体で上げた利益をアウトレット店舗にかかる必要経費で減収益させていたのです。

上場会社でしたから事業の資金危機にならなかったのですが、上司からは「赤字ばかり出してどうするんだ!」「利益を出して処分はできないのか!」など、売上報告をするたびに言われ続け、更にはシーズン在庫100%処分をするのも困難になり、私はうつ病状態になりました。



私は、このままでは翌年の人事異動の発表の際には商品に係わる仕事からは外されると覚悟を決めました。

覚悟を決めた翌年には悔いのない仕事で終わらせようと、一生懸命に自分がやってきた実績を分析して振り返りました。

3年間やってきた行動を見直し、さらに資料の簡素化により分析を強化し、数字関連を徹底的に調べました。

そして、遂に資料の分析により改善策が見えてきたのです、、、

その資料の分析結果には、色々な要因が隠されていたのです・・・・

「シーズン在庫を徹底的に管理していない、メリハリある価格や値引率を設定していなかった、売価率と必要経費のバランスが良くなかった」などが要因であると見えてきたのです。

そして、自分なりに分析結果から改善策を導き出して実行することにしました。

その改善策により悩みは解決され、上司から命じられた「シーズン在庫100%処分して利益(1億円)をたたき出すこと!」に成功したのです。

その改善策は、「赤字店舗を立て直し1億円の利益を上げるまで!」のノウハウの第一章から第五章詳しく説明しています。

第一章:店舗の現状分析
第二章:大筋の改善策
第三章:店舗つくり
第四章:ブランド毎の販売管理
第五章:季節ごとの販売計画



「あなたは今のやり方で、
            2020年以降も利益を出せる自信はありますか?」




>>>赤字店舗を立て直し1億円の利益を上げるまで!










PR

対人関係に悩み続けたビビりのぼくがこんなにも人に可愛がられ続ける秘密★





本商品は、ビジネスにも活きる人間関係構築法を提示している商品です。

ほぼすべての悩みにつながる流れるものは、「人間関係」だそうです。
そこから考えるに、この商品は、「ほぼすべての方々へのニーズがある」と考え、作成させて頂きました。


>>>対人関係に悩み続けたビビりのぼくがこんなにも人に可愛がられ続ける秘密★



強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法

1.ここが違う

例えばアナウンサーの方等が、大物政治家や芸能人にインタビューをした経験を基に、

「アナウンサー直伝、聞き上手になる方法」
「アナウンサーが教える、聞き上手になって成功する方法」

といったセミナーがあります。

アナウンサーであればTV局の肩書があり、TV局という巨大な組織がバックについてたからこそ「格上の存在」たる有名人がインタビューに応じてくれるのです。

皆様には当然、そんな肩書、あるいは強力なバックは存在しません。

現在は講師となった(あるいは講師と兼業している)先生方はその背景についてきちんとした説明をされていましたか?
あるいは「アナウンサーを辞めた途端、マスコミ関係者の肩書が使えなくて苦労した」といった話をされた方はいらっしゃいましたか?
2.ここが違う

「偏差値20アップ」
「テストの成績トップ」
もしこのような「テストの成績」「学歴」をアピールしたらどうでしょうか?基本的に良い評価はされないでしょう。


>>>強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法



一方、
「年収10倍アップ」
「トップセールス」
この場合、どうでしょうか?おそらく多くの場合、よい評価をされます。

多くのセミナーは学歴を評価しない、あるいは過小評価する一方、「収入」あるいは「営業成績」を過大評価する傾向にあります。

言い方を変えれば「それしか評価することができない」

もっといってしまいますと「視野が狭い」のです。

むろん学歴だけが全てではありませんし、収入や営業成績の秀でた人は一定の評価に値します。

しかしある分野でしか人を評価しない...そんな視野の狭い人達に振り回され、自分自身を活かす方法を間違っていないでしょうか?

3.ここが違う

セミナー講師の多くは最初から「成功者」。

いわば「チート」状態です。

*チート...(ゲーム等で)有り得ないようなデータやステータス状態でプレーすること。またはそのキャラクター等。(例 それって「チートキャラ」だろ)

このマニュアルの作成者はそのような状態ではありません。

皆様と全く同じ。

もしかしたら、セミナーで「隣の席で名刺交換をした、全く印象に残らない人」であるということです。

4.ここが違う

「年収10倍アップ」
「トップセールス」
「元アナウンサー」
「出版関係者」

このような肩書を引っ提げ、満を持して実績作りを目指す。

これらはいわば「強者の戦略」です。

強者の戦略、ビジネスの世界では1%に満たない大手企業や業界トップの企業のみが許される手法です。

ほとんどの人は参考にならない。にもかかわらず、多くのセミナーではこのような方法が正しいとされ、その方法を「伝授」されます。

日本の企業の99%が中小企業であるように、私自身も含め皆様の多くが同じ立場、すなわち「弱者」です。

したがってその手法も「弱者の戦略」による必要があります。

このマニュアルは多くのセミナーによって伝えられる「強者の戦略」ではありません。

多くの方々が必要としている、「弱者の戦略」に基づいたものです。


>>>強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法







「お金の器」のひろげ方講座



「お金の器」のひろげ方講座


誰にも縛られることのない自由と、
胸が高鳴りワクワクした毎日。
欲しい物は値札を見ずに買う。
お金を稼ぐ罪悪感が、
きれいさっぱりなくなり、
お金の心配から解放され、
仕事と趣味の境界線がない人生。
そんな人生を諦めていませんか?
遂に公開!
金ナシ・人脈ナシ・ロクデナシでも、一日15分の時間を投資するだけで、自信に満ちた毎日を送るたった一つの方法。人生を一変させてしまう危険性があるので、軽い気持ちのまま読まないで下さい、、、
歯ぁ食いしばって、そこに立て。

覚悟はいいか?

ならば、歯を食いしばれ。

今からこのこぶしで、お前の左頬を全力でぶん殴ろうと思う。


俺は誰を殴ろうとしているのか?

そう、それは、かつての俺自身だ。

周囲に流され、思考停止したまま大学に進学し、
「安定した会社」に就職しようとしていた、
保守的で無知な俺だ。

毎日、つけすぎの香水とでかい態度が鼻につく、
あの憎たらしい上司の顔色を、おずおずと伺っていた、
負け犬のような俺だ。

やりたくもないことを「やりたいこと」と思い込み、
月20万ぽっちで他人に好きなように使われることに甘んじていた、
自己不信の塊のような俺だ。

飛び込み営業のプレッシャーに負け、
毎朝トイレにこもり、毎晩不眠を余儀なくされた、
消えかかったロウソクのような弱々しい俺だ。

今からお前を全力で殴るから、一刻も早く目を覚ませ。

お前の人生を取り戻せ。

~~

「お金は汚いもの」

弱かった自分があるからこそ、
今があるのはわかっています。

それでも、過去に戻ってかつての自分に何かアドバイスができるのならば、
一発本気でぶん殴ってでも、目を覚ましてやりたいと思います。

そして彼の瞳を見つめながら、
真摯にアドバイスをしてやりたいのです。

お金に翻弄され、
お金のために自己のなんたるかを犠牲にしていたあの日。

お金を一銭も貯めることすらできなかったあの時。

やりたくないことを我慢しなければ、
お金は手に入らないと思っていました。

あの、やりたくないことを上司や会社にやらされてる感。

今思い出しても、僕の人生はお金に縛られていました。

「お金とは我慢の対価」と思っていたため、
心のどこかで「お金は汚いもの」だと思っていました。

価値と価値を交換することや、
受け取ることと与えることのバランスの取り方がわかっていなかったため、
お金にうがった信念を抱いていたのです。

そのくせ一人前に、
「お金が欲しい」
「お金があればすべての問題は解決する」
と思っていました。

「お金は汚いもの」という潜在意識にこびりついた信念は、
僕からお金を(もちろん、無意識に)遠ざけていました。

つまり、「汚いものは我が身からできるだけ遠くへ手放せ」という本能に従って、
毎月の給与を一銭残らず使い切ってしまっていたのです。

当然、お金は貯まらないし、
かといっていくら物を買っても、
精神的に満たされることがありませんでした。

自己不信がお金(幸福)を遠ざけていた

そもそも、今思えば、
自己不信が僕とお金との関係を不健全にしていました。


自信がないから、周囲に流され、周囲と同じように何者かの奴隷と化していた
自信がないから、嫌いな人間にも平気でひれ伏し、顔色を伺っていた
自信がないから、月給20万でも「やりたいことだから」と自己正当化(我慢)していた
自信がないから、客観的にも素晴らしい商材なのに、胸を張ってセールスできなかった
自信がないから、月収50万円や月収100万円すらビジョンに描けなかった
自信がないから、入ってきた(汚い)お金で自分を着飾る物を買って安心したがっていた
自信がないから、自己の内面と向き合うのを先延ばしにするため世界の悲哀を嘆いていた
自信がないから、彼女ができれば自信が持てると思って、女性を口説いていた
自信がないから、自信のなさを隠そうと、他人(特に父親)や社会を責めていた
自信がないから、、、
お金だけに限らずお金以外の領域でも、
自信のなさが僕の世界を狭苦しくしていたんですね。

それも、自分自身の手で。

それも、無意識のうちに。

、、、申し遅れました、まついゆうへいと申します。

現在、「引き寄せの法則」を専門としたブログを運営しており、
メールマガジンにも2,000名以上の方が参加されています。

会員さんのお悩みにお答えしたり、いただいた成果報告を共有したり、
「引き寄せの法則」を使いこなすためのノウハウをお伝えしています。




>>>「お金の器」のひろげ方講座









良書50冊!ポイント抜粋



今の人生で満足ですか?

今の不満足な生活も、心から充実した未来も
全て自分が作り上げたものなんです!



今の自分の生活・人生に満足していますか?

心から充実した人生が送れている方はほんの一握りの方ではないでしょうか。大抵の人は収入が少ない、夫婦間に問題がある、勉強が好きになれない、趣味が全くない、これといって取り柄が無い、今何の楽しみもなく家と仕事の往復のみという方も多いと思います。

再度人生をやり直すならもう一度同じ人生でも構わないと思え、全く後悔はなく、全てが充実していて、常に笑顔で人からうらやまれるような人生。そのような方たちは特別な環境はあったかもしれませんが、自分で切り開いている人もたくさんいます。

どちらの人生も全て自分が作り上げています。今自分の状況や環境に満足していない方はどうすれば後悔しない、心から充実した人生に変えられるのでしょうか。いろんな方法があるかと思いますが、今回は自分に大きく影響を与えられる可能性が大きい読書の良さをご紹介します。

今回は読書が苦手な方、時間がとれない方をメインに読書のエッセンスに接することができる方法をご紹介します。ぜひ読書の魅力とその力を感じて下さい!





自己紹介
<自己紹介>著作者
学生時代にボランティアで訪問したリトアニアで、自分にはやりたいことが無かったことに気がつき、そこからまずはひたすら読書に没頭。

読む本の範囲は小説以外はほとんどいろんなジャンルを読みまくり、最近は少し小説も読み始める。

世界も何十各国も旅行する機会を得て、サラリーマンの傍ら会社を経営したり、趣味では茶道、華道、ワイン(ワインエキスパート)、旅行、ピアノ、芸術鑑賞、料理等々。ボランティアで海外に行ったり、東北大震災の被災地で500人分の炊き出しも行う。

多くの著名人を含めた方々と触れ合い、読書から受けた影響はとても大きいと感じる。気に入ったフレーズ等は日々メモしながら自分への戒めとして精進中。

今の人生は過去の自分が作ってきた

今の状況を後悔していますか?何か物足りない、こんなはずじゃなかった、思ったように周りから評価されない、充実感が無いなど感じたことはありますか?

しかし、その現在を作り出したのは自分自身だということをまずは理解する必要があります。

例えば同窓会に行ったときに、キラキラと輝いている同級生、すごいお金持ちになっている同級生、奥さん・旦那さんが美男美女だった時など、自分の環境とギャップがあってうらやましいと感じることはよくあります。

また、新しい職場、パーティ、会合に行って初めての人と会うときに、とてもオシャレで、知的で落ち着いた方々に出会うと、なぜ自分はこんな場違いな感じなのかと劣等感を感じることがあります。

身近なところでは、気がついたら貯金が全く出来ていない、ギャンブルがやめられない、友人がいない、持ち物がイマイチで外に出る気もしない、未来に楽しみがないなど、自分が嫌になることもあります。

まずはそれらの状況は過去の自分が作ってきたものと理解しましょう。

未来の自分はこれから作る

しかし、自分が本当に生き生きとした満足な人生を送っていれば、そんなこともうらやましいと感じなくなります。

みなさんはまだまだ時間があります。これからの未来はこれからの自分が作ります。自分次第でいかようにも自分の環境や状況を作り上げることができます。

ではどうすれば良いのでしょうか。

有名な言葉に、「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」とあります。

まずは自分の心を変えることが大切です。心を変えるにはいろんな刺激を受けたり、体験をすることで自分に良いように影響を受けることができます。

でもなかなか刺激を受けたり、様々な体験をすることは難しいでしょう。そこで読書であればいろんな人達の考え方や体験に簡単にいつでもどこでも触れることができます。

自分に良い刺激を与える

自分を形成する上で、自分に良い刺激を与えることはとても大切です。

ソフトバンクの孫社長も20代の頃入院した3年間で3千冊から4千冊を読んだといわれます。その時に読んだ本から感銘を受けて自分の人生に大きく影響を与えたと言われています。また、”ビル・ゲイツ”など、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍で、日本マイクロソフトの代表を務め、ビル・ゲイツと共に働いた成毛眞さんは、周りの経営者やクリエティブな人の中で、本を読んでいない人はいないとして、ビル・ゲイツのような優秀な人達に共通していることは、「良い本」を「大量」に読んでいることだと述べています。

読書を通じて刺激を受けることで、自分の今後の人生について今までとは違った見方で考えることができます。良書に出会うことがとても大切になってきます。本はその人の根本を形成する大切なツールなのです。

良書の見つけ方は様々ですが、売れ筋や評論家やネットによるコメント、時間を経てもずっと売れ続けるなどのポイントがありますが、まずは自分で興味が持てるものかどうか触れてみることが大切です。目次を見たり、本の概要から読んでみたいと思うものかどうか感じることが大事だと思います。いくら素晴らしい本でも読んでみたいと思わないものは全然頭に入ってきませんので、まずは自分で興味が沸く分野で様々な評価から良さそうなものをピックアップして読んでみることから始めましょう。




読書で得られる効果

本を読むことで簡単に知識を得ることが出来ますが、知識だけでなく、新たな知恵やヒントを得られることもあります。

本は単純な知識を与えるだけでなく、有効に活用することで、そこから広げて応用を利かせて有効活用することが出来ます。

古今東西、多くの人が読書を通じて知識を得て、それを活用し、自分の人生に有効活用してきました。どう活用するかは自分次第ですが、歴史を勉強することで、今後の流れを読み取り、美術を勉強することで、自分の人生の楽しみや癒し、画家個人の人生から美実の奥深さに感動し、数学を勉強することで、普段の生活から高度な計算まで応用できます。

本を読むことで、自分の人生に厚みが出来き、生活の糧となり、自分に迷いが発生した時の道しるべとなるのが、読書なのです。

読書が人付き合いを変える!?

読書によって知識が増えてくると自分の興味の範囲も広がってきて、また知識が深くなるため、いろいろな人と話が合いやすくなります。

グルメ、芸術系に興味を持って読書によりその世界観を広げることによって、イベントや博物館などもに次第に興味が広がり、友達を誘って見に行くことも可能となります。また、自分も興味があるため率先して興味がある友人と会話を楽しむようになってきます。

また、小説等に興味があれば好きな作品が見つかればとてもはまりこんで読むようになったりするため、続きが気になり、楽しみが出来て生き生きとしてきます。それによって周りの人達が好印象をいだく形につながってきて結果的に良い印象を与える可能性も増えてきます。

イベントに参加したり、また共通の趣味により友人つながりで益々友達が増えてくる結果につながったりします。

本はとってもお得!

自分の生活の中で、優れた人と会話したり、考え方を聞いたりする機会はそう多くはありません。読書は低価格でありながら、著名な方たちの本気の考え方が短時間で理解できる優れたツールです。時間の使い方で、読書程有効で濃密な時間の使い方は他にはそうはありません。読書は電車の中でも、休憩中でもどこでも手軽に出来るので、ハードルは高くはありません。電車にぼーっと乗っているのであれば、5分でも10分でも読書することで、また新たな発見や興味、好奇心がかきたてられ、自分の人生に刺激を与えます。

著名な人の講演会に参加して話を聞く場合は予約をして、高い倍率と高い価格のチケットを購入して、1ヶ月以上待ってから1時間、2時間の話を聞くことになりますが、読書であれば低価格でどこでも好きなときに好きなだけ著名人の考え方に触れることができます。そう考えるとかなりお得だと思いませんか?



>>>良書50冊!ポイント抜粋















プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R