忍者ブログ

進化する自分 好き

ネイティブ・ラッシュ『「超速」英語プログラム』 『TOEICテスト「超速」英語プログラム』 『「超速」英会話マスタープログラム』 『なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?』

今回、英語をマスターするために、
とても大切な能力となるリンキングを使い、
誰でも簡単に集中的に学べるトレーニングを実施しましたが、

実は、私も高校時代までは、英語が全然わからない。
もちろん、他の教科もわからない。
そんな全くの落ちこぼれでした。



なぜ、そんな人間が英語をマスターできたのか?

何も特殊な才能があったわけでもありません。
何がきっかけで英語ができたのかというと、

「コツ」を発見したというのが一番だと思います。
 これを徹底的にやったということです。

そして、そのコツというのが、今回のリンキングで、
こんな落ちこぼれでもできた英会話習得術になります。

この「リンキング」とは、英語の音と音のつながりです。

例えば、「get it」を、我々日本人は「ゲット・イット」と覚えますが、
実際にネイティブが「ゲット・イット」と発音することはほとんどありません。
たいていの場合、「ゲディット」と発音します。

こうした音と音のつながりを「リンキング」と言います。

実は、英語ができない日本人は、
このリンキングの基礎知識がありません。

私の同級生の中にも、ビジネスパーソンの中にも、
単語をたくさん知っている方はいました。

ただ、彼らが話す英語は、ビジネスの時に通じない。こんなに単語を知っているのに、
こんなに頭がいいのに、全く英語が通じない、聴き取れないのです。
なぜ、英語が聴き取れないのでしょうか?
なぜ、英語が話せないのでしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私の場合は、全く英文法を勉強していません。
極端に言うと、英文法を専門用語で説明してくださいと言われても、全くできないのです。

それでも、英検1級は取れます。
それでも、TOEIC満点も取れます。
それでも、英会話もできますし、英会話を完璧に聴き取れます。

これは実は、今回の最新版トレーニングで教える
『ネイティブ・ラッシュ』のリンキングという中から習得していったものなんです。



これは今までの学校教育や語学書、英語教材などでもあまり説明していないことだと思います。
でも、日本人が英語ができないのは、音のつながりを全く学んでいないからであり、
だからこそ、聴き取れないのです。

単語帳や英文法の本を勉強したところで、全く身に入りません。
単語や文法を覚えても、次の日には忘れている。
さらに、単語や文法をいくら知ったところで、全くリスニングができない。
もちろん、話すことすらできません。

そんなときに、興味を持ったのが「リンキング」だったのです。
私はまず、このリンキングに集中し、音を聞くことからスタートし、アウトプットをしていきました。
その結果、落ちこぼれから、ここまで英語ができるようになったのです。

「リンキング」は聴き慣れない言葉かもしれませんが、
でも、 一番大事なトレーニングこそ、この「リンキング」です。

「リンキング」ができるようになってくると、いくつも重なっている英語の音がわかってきますので、
だんだん、英語が聞こえてきます。だんだん、英語が話せるようになります。

何も特別な才能が必要なわけではありません。
コツは、少しずつでもかまわないので、これを毎日続けることです。



>>> 『ネイティブ・ラッシュ』




PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R